1. ホーム
  2. リンコム ネクスト
  3. 導入事例紹介
  4. ポータル事例
  5. エステー株式会社

企業間ウェア:リンコム ネクストの導入事例:エステー株式会社様(その1)

導入事例紹介

エステー株式会社(1)

社内のグループウェアを統合!
Notesからの移行事例

ユーザー名
エステー株式会社
事業内容
防虫剤・芳香剤・手袋・除湿剤などの製造販売
利用ユーザー数
約600名

サーバ構成(OS、WEBサーバ、WEBアプリケーションサーバ、データベース)

1.WEBアプリケーションサーバー(×1台)
ProLiant DL360CPU
Xeon2.4GBMemory
2GBHDD
34GBWin
2000Server
ColiFusionMX6.1
リンコム ネクスト2.6+ネクスト ワークフロー2.3

2.データベースサーバー(×1台)
HP ProLiant DL380CPU
Xeon3.0GBMemory
2GBHDD
146GB
Win2000Server
Oracle9i

アプリケーション情報

【利用しているアプリケーション】
スケジューラ、掲示板、施設予約、アドレス帳

【利用製品】
リンコムネクスト2.6/ネクストワークフロー2.3

導入事例

今回の事例紹介では、エステー様の事例を通して、

についてご紹介いたします。エステーITグループの由上様にお話しを伺いました。

これまで

これまでエステー様では、いくつかのグループウェア製品を同時に利用していました。例えば、ワークフローは一部の稟議書はネクストワークフローを使い、そのほかの申請書は他社製品を利用していました。

それぞれの製品に特長があり、様々な状況に応じてシステムを増やしてきたため、次第に収拾がつかなくなってきました。そして、ユーザーからの「どの場合に何を使ったらいいか分からない」というクレームが多くなりました。そのため、それらのアプリケーションを統合したい、という要望が高まってきたのです。

新しいグループウェアの導入・選定のため、グループウェア・ワーキンググループを発足して、対応を検討することになりました。そして、これまでに50回以上にもおよぶ検討会がおこなわれました。検討の結果、

などが総合的に判断され、ネクスト2.6に集約することが決定されました。


統合の際のデータ移行

新しいグループウェアを導入するにあたって、これまでの資産を引き継ぎたいという要望があり、データの移行が課題となりました。具体的には、まず始めに移行対象データを選別して、それから、それぞれ担当者を決め、担当によって様々なツールや移行用に独自に作成したツールなどを使って移行を実現しました。その中でも興味深い事例を紹介したいと思います。

これまで掲示板はノーツを利用していました。掲示板では「会議室」という掲示板に約1700件、「支店掲示板」ではそれぞれの支店ごとに200から500件ほどの記事データが存在していて、掲示板の記事にはWordやExcelといったOffice製品のファイルを添付していました。そして、これら約2400件のデータ移行の必要に迫られたのでした。

このときの担当者は次のような手順で移行を実現しました。

という作業を行ないました。手作業という地味で根気のいる作業ですが、手作業に要した日数はわずか半日でした。一般的には、移行ツールを作成するためには多額の費用がかかってしまうため、諦めがちなことも、このような手段で対応することも十分可能であることを実証する結果となりました。

そのほかにも、別製品で利用していた個人アドレス帳の移行では、CSVでデータを標準機能でエクスポートして、さらに、独自に作成した移行ツールで変換した後にネクストに取り込みを行なう、というデータ移行を実現しています。


ワークフローでの申請を連続して引き継ぐ処理のカスタマイズ

申請手続きの中には、決済後に連続して別の申請が必要で、前の申請を引き継ぎたい場合があります。例えば、稟議申請などで、いったん概算申請をしておき、後で金額などが増えた場合に、以前申請した稟議を流用したい、といった場合です。この要望にワークフローをカスタマイズすることで対応しました。

通常ネクストワークフローでは、新規申請画面で申請書を選択すると、申請書の入力フォームが表示されます。しかし、カスタマイズを施したことで、特定の申請書を選択すると、入力フォームの前の画面で「新規」「追加」「変更」といった、申請区分を指定する画面を表示して、元の申請書に枝番を自動裁番して前の申請を引き継いで申請を行なうことができるようになりました。また、申請書には以前に申請した申請書へのリンクを配置して、確認ができるようにしています。

申請区分入力画面

図1. 申請区分入力画面


他システムとの連携

申請手続きの中には、決済後に連続して別の申請が必要で、前の申請を引き継ぎたい場合があります。例えば、稟議申請などで、いったん概算申請をしておき、後で金額などが増えた場合に、以前申請した稟議を流用したい、といった場合です。この要望にワークフローをカスタマイズすることで対応しました。

エステー様では、通常の商品の他に、特別に仕様変更した商品を製造することもあります。担当者が申請する「特注品依頼書」の処理では、承認の過程で製造部門にデータを引き渡す必要がありました。そこで、ある承認のタイミングでCSV にデータを作成して、そのCSV のデータをSCM システムに引き渡す処理を実現しています。

特注品依頼書画面

図2. 特注品依頼書画面

ネットワーク構成
ネットワーク構成図

図3.ネットワーク構成図


【エステー株式会社様 プロフィール】
ロゴ

社名

所在地

ホームページ

設立

エステー株式会社

東京都新宿区下落合1-4-10

http://www.st-c.co.jp

1948年8月

取材風景

<取材風景>
写真:グループウェア・ワーキンググループの皆様。
後列左から、谷山様、早乙女様、由上様、今野様、
前列左から山本様(ITグループマネージャー)、篠原様、澤田様

【導入支援企業情報】

社名

所在地

ホームページ

担当部署

担当者

ピコシステム株式会社

東京都新宿区高田馬場4-40-17

http://www.picosystem.co.jp

クライアントサーバー事業部

丹波真二 様

その他のオススメ事例 (現在37社公開中)

一般社団法人 電子情報技術産業協会
社外ユーザーを支援する企業間ウェア活用事例

国立大学法人 東北大学
利用者1万人超の環境で効果的な情報伝達とは?

株式会社横浜ゴム
販売会社への営業支援を実現する企業間ポータル

スペース
総合情報ポータル
リンコム製品に関する、無料の総合情報提供サイトです。ログイン