NEXT IMAGE
ユーザー:匿名希望 さん      総合情報ポータルログイン 総合情報ポータルとは?  
リンコム通信(公開メッセージ)  > メッセージ詳細表示 
公開メッセージ
検索 検索
[ 閉じる ]

前へ前へ      次へ次へ
   データベース検索と簡易アプリ (2009年7月)
カテゴリー:無し  登録者:リンコム営業   登録日時:2009/07/14 16:14  表示期限:無期限  

ネクスト活用事例紹介

データベース検索と簡易アプリ

2009年07月

text by 山田晃生(技術サービス部 部長)



今月も前回に引き続き、カスタマイズを行わない活用方法の紹介です。

今回はネクストアプリケーションである『データベース検索』と『簡易アプリ作成』を組み合わせて活用する術です。
まずはこの2つのアプリケーションを紹介します。
データベース検索とはその名の通り、DBの検索結果をネクスト上に表示する機能です。
特徴として、ColdFusionで接続可能なDBならネクスト上から設定するだけで検索結果を表示させます。
単純なテーブルの表示ならクエリ文も不要ですし、グラフ表示の機能も備えています。
簡易アプリ作成とは、その名から想像しにくいのですが、DBの簡易作成機能となります。
ネクスト上から項目定義を行い、メンテナンス画面や検索結果の表示も可能です。
今回はこの2つのアプリケーションで、データ入力を行い、その結果をグラフ表示するアプリを作ってみましょう。

1.事前準備
まずは2つのアプリケーションを利用するので、リンコムネクスト管理部(ACM)からアプリケーションコピーを使って新規アプリケーションを作成しましょう。
ACMメニューのアプリケーションー新規登録からデータベース検索および簡易アプリ作成の新規アプリケーションを作成します。
アプリケーションの新規登録
アプリケーションの新規登録

続いて、それぞれにアクセス権を付与します。一般的にはデータを入力する部署は簡易アプリ作成の登録権限、エンドユーザにはデータベース検索の参照権限を与えましょう。

2.簡易アプリでDBを作成
まずはデータを入力するための基本となるDBの作成です。
DBの知識のある方ならCreate文を書いて終わりですが、これをネクストを使って作成します。
先ほど作成した簡易アプリ作成に管理権限を持つユーザでログインし、簡易アプリの管理画面を開きます。
ここでは通常の簡易アプリ設定と同様にDBの作成を行います、その際に表示されるアプリケーションコード(app_cd)の値を覚えておいてください。
作成したDB
作成したDB



3.データベース検索の設定
続いて、データベース検索を設定します。
先ほど作成したデータベース検索に管理権限を持つユーザでログインし、データベース検索の管理画面を開きます。
まずデータベース接続の設定ですが、ここではリンコムネクストDBを設定します。といっても初期の表示のままで大丈夫です。
続いて対象テーブルを選択します。ここではネクストのテーブル類の中からの選択ですが、その中で『dbformXX』というテーブルを選んでください。(XXはアプリケーションコード)
これが簡易アプリ作成で生成されたテーブルになります。
この後、簡易アプリ作成で設定した内容にあわせて、項目を設定していけばデータベース検索の完成です。
データベース検索の設定
データベース検索の設定

これにより、簡易アプリでデータメンテナンスを行い、データベース検索でグラフ表示が可能なセットのアプリケーションが完了しました。
特別なDBの知識やソフトウェアがなくとも、ネクストの機能のみで実現できる方法です。


何度かご相談やご要望に、簡易アプリにもグラフ表示機能を・・・といったお話を頂きます。
確かにあれば便利な機能ですが、けしてコストをかけてまで実現しなければならない機能・・・とは思えないことが多いです。
このようにアプリケーションの特性を理解し、組み合わせることにより新しい利用方法が生まれます。


リンコム通信へのご意見はこちらからお願いします


リンコム ネクスト・総合情報ポータル
Copyright © 2002-2009 LINKcom corporation. All rights reserved.
グループウェアならリンコム ネクスト