NEXT IMAGE
ユーザー:匿名希望 さん      総合情報ポータルログイン 総合情報ポータルとは?  
リンコム通信(公開メッセージ)  > メッセージ詳細表示 
公開メッセージ
検索 検索
[ 閉じる ]

前へ前へ      次へ次へ
   ToDoを使って評価まで行うカスタマイズ(2008年3月)
カテゴリー:ネクスト活用事例紹介  登録者:リンコム営業   登録日時:2008/03/11 11:25  表示期限:無期限  

ネクスト活用事例紹介

ToDoを使って評価まで行うカスタマイズ

2008年3月

text by 山田晃生(技術統括部 マネージャ)



今までリンコム社が行ってきたカスタマイズなど、ユーザの皆様がどう活用しているかをご紹介するここコーナーですが
今月はToDoリスト機能を利用した、作業指示と成果評価の事例をご紹介します。

1.きっかけはある社長からの相談
社員十数人の会社F社様がネクスト導入を決めた時、ネクストのToDoリスト機能を大変評価していただきました。
それまで電話やメールなどで行ってきた作業指示をネクストを使って行えば、
指示漏れが防げたり、進捗状況が随時確認できるため、個々の作業管理が非常に楽になる。しかし1点足りないところがある・・・と。
社長のお考えを伺うと、「指示した作業を担当者が完了した際、それぞれにその成果を評価するべきで、その積み重ねが個人の評価につながっていくべき」
そこで現行機能に作業評価を加えるカスタマイズが始まりました。

2.単純に評価欄・・・というわけにはいかない
当初ご依頼を受けた際、現行のToDo機能に評価欄を加えるシンプルなものを考えました。
しかし社長はこう仰います。
「ToDoの指示で社員を評価するならば、その指示内容が適切であるかも重要」
「あいまいな指示ではなく、定量的な評価基準を明示する必要がある」
例えば営業担当者の顧客訪問を指示する場合、「なるべく沢山回ってきてください」と指示を出しても、訪問件数は人によってまちまちになります。
明確に「10件以上回ること」と指示を出せば、担当者は10件という目標を設定して業務を行います。
その数値の達成度合いによって、個々の評価につながっていくはずです。

3.3段階の評価と期待値
まず、ToDoリストの用件を登録する際、3段階の期待値を記入するエリアを付け加えました。
上記の営業訪問件数の場合
 A:15件以上
 B:10〜14件
 C:9件以下
と記入します。
この期待値(目標値)が作業担当者に伝わり、この目標にしたがって業務を行います。
作業が終わると、担当者の記入欄にはA〜Cのどこに当てはまるかが選択できるようになるため
担当者は自身の成果に応じてA〜Cを選択、完了報告することにより指示者へ伝わることになります。
このようにToDoで用件を作成する度、評価基準が作り出され、報告が行われ記録されていきます。
その積み重ねが会社にとって、評価基準として大きな財産になるのでしょう。

4.最後に
定量的な目標を立てて指示を行えば、必ず報告も定量的になります。
これらの積み重ねを評価とすることで、公正明大な評価基準ができあがります。
また、出した指示も全て記録されるため、実現不可能な無茶な指示でないかをチェックすることも可能です。
評価基準があいまいな会社もあるかもしれません、現状の自身の評価に不満な方もいるかもしれません
こんなシステムがあれば、自分の仕事が十分に評価されるかもしれませんね。

このカスタマイズ内容はほんの軽微ですが、非常に面白く意義のあるシステムになったと感じています。




リンコム通信へのご意見はこちらからお願いします


リンコム ネクスト・総合情報ポータル
Copyright © 2002-2008 LINKcom corporation. All rights reserved.
グループウェアならリンコム ネクスト