NEXT IMAGE
ユーザー:匿名希望 さん      総合情報ポータルログイン 総合情報ポータルとは?  
  リンコム通信(公開メッセージ)  > メッセージ詳細表示 
公開メッセージ
検索 検索
[ 閉じる ]

前へ前へ      次へ次へ

本部、フランチャイズ店舗間の情報共有事例の紹介

カテゴリー:ネクスト活用事例紹介  登録者:リンコムマーケティング部   登録日時:2012/5/5 16:30  表示期限:無期限  
本部、フランチャイズ店舗間の情報共有事例の紹介
text by 玉城 忠(営業部)

今回ご紹介する事例は、リンコム ネクストを活用し実現した、本部とフランチャイズ店舗間(1,000店舗)における情報共有事例です。

某企業様では、1,000店舗を超えるフランチャイズ店舗、そのオーナーへの連絡を紙を利用して行っていました。
この方法では、印刷・紙・郵送と年間1,000万円ものコストが発生しており、更に発送する作業に数名の人員を割いていました。

今回、リンコム  ネクストで連絡文書配信システムを構築したことで、これらのコストを大きく削減をすることに成功しました。

■ 連絡文書配信 機能
本部の担当者がシステムへアップした連絡文書を、フランチャイズオーナー・店長・従業員が閲覧するというシンプルながらも、本部・店舗間の情報共有に必要不可欠な機能を提案し、構築いたしました。

  • 文書(情報)に対する閲覧範囲を細かく制御
    オーナー、店長向け文書(一般従業員は閲覧できない)、全体への連絡文書など、連絡内容により閲覧できる範囲を"配信時に制御"することができます。この機能により、今までのように店舗側で連絡文書を仕分ける手間がなくなりました。
  • 誰が使っても分かり易い画面、操作性
    店舗には、学生アルバイトから年配の方まで幅広従業員が存在しています。
    その為、マニュアルを見なくとも操作できるようにと、開発時は、システム担当者様・オーナー様を交えて何パターンもの画面を作成しました。
  • 電子ファイルならではの演出
    印刷した紙では実現できなかった動画埋め込み(CM、レシピ等)や、関連文書へのリンクなど、文書を更に理解しやすく進化させることができました。
  • 既読率、未読者の集計
    これまでの郵送による連絡では、連絡文書を読んで頂いたかどうかを判別できませんでした。
    連絡をシステム化し未読者の集計を実現したことで、連絡文書の未読者が判別できるようになり、担当営業が未読者に対し声をかけ、重要連絡の通達漏れを防止出来るようになりました。また、声かけによる本部とオーナー、店長との接点を少しでも増やしていくことも狙いのひとつでした。

年間1,000万コスト削減

本システムでは、連絡文書の配信以外にも、様々なコンテンツを用意しました。

他オーナーの店舗を参考にして自店の店作りに活かすための店舗紹介や、四半期毎のキャンペーンイベント・商品情報を掲載する電子Book型のカレンダー、店舗成功事例や店長インタビューなどの機関紙配信など、オーナーや店長が店舗運営を行うための有益な情報を発信しています。

様々なコンテンツを用意

今後は、POS・発注など他システムと連携したコンテンツや、オーナー同士・本部オーナー間のコミュニケーションの活性化し、絆を更に深めるため意見交換の場作り、ミッションのひとつでもある「フランチャイズオーナー、店舗への支援」に向けて、リンコムとしても提案を通じた貢献を行っていきたいと考えています。



リンコム通信へのご意見はこちらからお願いします


リンコム ネクスト・総合情報ポータル
Copyright © 2002-2011 LINKcom corporation. All rights reserved.
グループウェアならリンコム ネクスト