NEXT IMAGE
ユーザー:匿名希望 さん      総合情報ポータルログイン 総合情報ポータルとは?  
  リンコム通信(公開メッセージ)  > メッセージ詳細表示 
公開メッセージ
検索 検索
[ 閉じる ]

前へ前へ      次へ次へ

脱社内メールとIP制限を実現した事例

カテゴリー:ネクスト活用事例紹介  登録者:リンコムマーケティング部   登録日時:2012/6/11 16:30  表示期限:無期限  
脱社内メールとIP制限を実現した事例
text by 西内 暢宏(マーケティング部)

今回ご紹介する事例は、社内メール中心の社内コミュニケーションを止め、グループウェアを活用した社内コミュニケーションを行っている事例です。
また、2012年2月にリリースした最新版「リンコム ネクスト5.0」にも搭載された、IP制限機能によるアクセス制限を運用しています。

■ 社内のコミュニケーションをグループウェアで

某企業様では、複数拠点を含めた約700名にリンコム ネクストをご利用頂いています。

以前は社員間のコミュニケーションにメールを利用していましたが、業務上、容量の大きいファイルのやり取りが頻繁に発生し、メールサーバーのディスク使用率が上がってしまうことが問題でした。
また、誤送信による社内メールの流出の可能性も否定できませんでした。

この問題を解決するために導入したのが「KnowledgeStage 伝言メモ(以下、伝言メモ)」です。

伝言メモは、メールライクにメッセージのやり取りを行うことができるリンコム ネクストのアプリケーションです。グループウェア内で社員同士がメッセージのやり取りを行うため、誤送信などによる業務情報の外部流出の危険性が無くなり、メッセージの開封状況も見ることができるようになりました。
また、伝言メモはメールのように添付ファイルを全ての送信先に送付するのではなく、1つの添付ファイルを各ユーザーがダウンロードするという形です。そのため、サーバーに負荷をかけることなくファイルのやり取りを行うことができるようになりました。

■ アクセスできるIPを制限

一部の利用ユーザーから、社外からもリンコム ネクストアクセスしたいという要望がありました。
しかし、リンコム ネクストには業務上の重要情報も多く登録されており、機密性を担保するためにも無条件で外部公開することには抵抗がありました。

そこで、社外から無条件にアクセスすることができないようにIP制限機能を利用しました。
まず、利用を許可する社内や拠点のIPを予めリンコム  ネクストに登録し、社外からの接続に関しては原則的に拒否する設定としました。さらに、一部のユーザーに関しては、社外IPからのアクセスも許可する必要があったため、ユーザーデータにフラグを作成し、このフラグのあるユーザーに関してのみ社外IPからでも接続を許可する仕組みとしました。

アクセスできるIPを制限


リンコム通信へのご意見はこちらからお願いします


リンコム ネクスト・総合情報ポータル
Copyright © 2002-2011 LINKcom corporation. All rights reserved.
グループウェアならリンコム ネクスト