NEXT IMAGE
ユーザー:匿名希望 さん      総合情報ポータルログイン 総合情報ポータルとは?  
リンコム通信(公開メッセージ)  > メッセージ詳細表示 
公開メッセージ
[ 閉じる ]

前へ前へ      次へ 次へ
企業間ウェアの活用例、パートナー企業との情報共有
カテゴリー:企業間ウェア  登録者:リンコム営業  登録日時:2013/11/07 13:58 表示期限:無期限  
企業間ウェアの活用例、パートナー企業との情報共有

text by 伊良波朝賞

今回から数回にわたって企業間ウェアの活用パターンをいくつか紹介したいと思います。今回は企業間ウェアとして活用例が一番多いパターンを紹介したいと思います。それはパートナー企業との情報共有です。

それでは、具体的な活用方法をみていきたいと思います。はじめに、フランチャイズチェーンを運営する企業での活用例を紹介します。店舗やオーナー企業、販売代理店への営業連絡の手段としてリンコム ネクストを活用する、というパターンです。業種としましては、外食、金融系企業などを上げることができます。

フランチャイズチェーンを展開する企業など、本社と店舗、または本社と販売点をつないだ使い方では、営業的な連絡事項が多く内容も多岐にわたります。例えば、マニュアルの送付は手間がかかり、提供先毎の管理がとても煩雑です。これをシステム化することで、パートナー企業に対してはサービス向上を図り、主幹企業にとっては問合せへの対応コストを軽減できます。1回の送信で多数の送信先に情報を伝えることができますので、メールと比べるとかなり時間短縮がはかれます。また、「よくある質問」はフォーラムなどを活用することで、問合せへの対応時間を効率化できます。

さらに別の活用方法として、グループ企業の住宅建設企業と、建材を販売する企業とを繋いで、パーツ販売のキャンペーン情報などを共有する、という使い方があります。ここでのポイントはアクセス権の設定です。情報共有の「場」は必要ですが、住宅建設企業同士は他の企業の内容を見ることはできません。また、建材を販売する企業同士もお互いの情報を知ることはできないようになっています。

この活用例のパターンで必要となる機能がいくつかあります。以下に例を上げたいと思います。

1.情報共有の「場」を複数持つことができる機能。リンコム ネクストは「アプリケーションコピー」という機能があります。例えば、「販売会社A専用掲示板」、「販売会社B専用掲示版」、といったように、企業毎に専用の「場」を持つことが可能なのです。

2.きめ細かなアクセス権設定。例えば、「販売会社A専用掲示板」はA社と関連する企業しか参照できません。B社にはアクセス権を与えない、という設定が可能です。

3.各企業でユーザーメンテナンスが可能なこと。ユーザーのメンテナンスを主幹企業が全て対応するのは大変です。各々の企業にユーザーメンテナンスを委譲することで、負担を分散することができます。

リンコム ネクストはこれらの機能を標準装備しています。これらの機能を活用することによって、特にカスタマイズを行わずに、企業間同士の情報共有を実現している企業もあるのです。



リンコム ネクスト・総合情報ポータル
Copyright © 2002-2013 LINKcom corporation. All rights reserved.
グループウェアならリンコム ネクスト