NEXT IMAGE
ユーザー:匿名希望 さん      総合情報ポータルログイン 総合情報ポータルとは?  
リンコム通信(公開メッセージ)  > メッセージ詳細表示 
公開メッセージ
[ 閉じる ]

前へ前へ      次へ 次へ
企業間ウェアの活用例、グループ企業の共通の「場」となるポータルを提供する。
カテゴリー:企業間ウェア  登録者:リンコム営業  登録日時:2014/01/14 08:58 表示期限:無期限  
企業間ウェアの活用例、グループ企業の共通の「場」となるポータルを提供する。

text by 伊良波朝賞

リンコム ネクストはグループウェアとして進化を遂げてきました。グループウェア機能はそれぞれの企業で利用するだけではなく、グループ企業にまで活用範囲を広げることができます。今回は、グループ企業で利用するポータルについて紹介します。

それでは、具体的な活用方法をみていきたいと思います。例えば、グループ企業では各社にシステム部門やシステム担当部署が存在するケースがあります。各部門では次のような課題を抱えることが多いのではないでしょうか。

  • 各社バラバラにプロジェクトが進行している。情報を共有することで同じような開発に共同で取り組み、開発コストの削減など効率化を図りたい。
  • システム部門間では開発関連のノウハウを蓄積、継承できていない。ノウハウを共有して開発の効率化を図りたい。
  • IT関連の最新情報は各社独自に調査している。情報を共有する機会をつくって知識のレベルアップを図りたい。

普段の業務に必要な連絡事項は、メールを活用することが多いと思われますが、上記のような課題は、必要とは思いながらなかなか共有できないのが現状ではないでしょうか。

こういったときには、グループ全体で利用できる情報共有のためのツールがあると便利です。例えば、次のような利用方法が考えられます。

■全社および、各社専用ポータルを作成する
グループ全体と各企業とを分け、個別に「場」を持つことで、情報が整理され、必要な情報にアクセスしやすくなります。そして、全社共通ポータルには、システムメンテナンスのお知らせ、セミナーレポートなど、各種新着情報を表示します。
各種新着情報は、カテゴリーで分類するとわかりやすいです。それぞれの新着をまとめて表示するのです。
各社ポータルは他の企業は見ることができないようにアクセス権をコントロールできます。各社はその企業で共有したい情報を掲載します。
■お知らせの新着を掲載する
お知らせには「掲示板」機能を活用します。例えば、受講したセミナーの内容やグループ企業間で共有したい新技術情報などの掲載に活用します。
具体的には、「お知らせ」、「システム部門間の情報交換」、「セミナー報告」、「システム活用情報の共有」、「システム障害連絡」などに利用できます。
■意見交換、個別質問の新着を掲載する
「フォーラム」機能を活用します。例えば、プロジェクトで発生した技術的な課題への意見などを、広くグループ全体に求める場合に活用します。
例えば、「意見交換」、「個別質問」などに利用します。
■文書管理、各種規定の新着を掲載する
ドキュメントの共有には、「ファイルライブラリ」機能を活用します。例えば、システム開発や運用で注意すべき事をまとめた、「システム開発手引き」などの文書を共有し、グループ企業全体のレベルアップや効率化に活用します。
「文書管理」、「各種規定の管理」、「各社独自の文書管理」などに利用します。

リンコム ネクストはグループ企業全社のポータルと、それぞれの企業のポータルを持つことができます。そして、それぞれのポータルはタブで切り替えることができます。さらに、個々のポータルは専用の管理者を立てることができます。こうすることで、ポータル管理がひとりに集中することなく、管理負担を分散することができるのです。



リンコム ネクスト・総合情報ポータル
Copyright © 2002-2013 LINKcom corporation. All rights reserved.
グループウェアならリンコム ネクスト