NEXT IMAGE
ユーザー:匿名希望 さん      総合情報ポータルログイン 総合情報ポータルとは?  
リンコム通信(公開メッセージ)  > メッセージ詳細表示 
公開メッセージ
[ 閉じる ]

前へ前へ      次へ 次へ
企業間ウェアの活用例、担当窓口を公開する。
カテゴリー:企業間ウェア  登録者:リンコム営業  登録日時:2014/03/10 08:58 表示期限:無期限  
企業間ウェアの活用例、担当窓口を公開する。

text by 伊良波朝賞

 定型的な業務においては、問合せをすることがあると思います。慣れた仕事であれば問い合わせ先はすぐに思い浮かぶと思いますが、どうしていいかわからないときの質問にしっかり回答してもらえそうな相手を探すにはどうすればよいでしょうか。今回は、企業間ウェアの使い方の1例として、業務提携先に担当者情報を公開する使い方について紹介したいと思います。

 例えば、販売代理店がお客様との契約書の作成について、本部に問合せをするのはよくあることだと思います。代理店が電話で問い合わせをする場合、どうやって問合せ先を探すのでしょうか。サポートセンターが用意されていて、窓口が1本化されていれば問題はないのでしょうが、業務内容が多岐にわたり、それぞれに担当者がいる場合、その担当者をどうやって探せばよいのでしょうか。事前に名刺交換をする機会はまずないと思われますし、たとえ名刺を持っていたとしても、名刺には部署名などの情報はあってもどんな業務内容かは書かれていません。自分が求める窓口かどうかを名刺からは判断しにくいと思います。

 このような場合は、自社の担当営業に電話することがよくあると思いますが、営業が全ての質問に答えることができるとは思えません。いったん質問を受けつけてから調査するか、社内の誰かにたずねるのではないでしょうか。忙しくて答えがすぐに欲しいときに1発で答えを持っている人を捜し当てるのはなかなか大変そうです。

 リンコム ネクストでは、連絡先を登録、管理することができます。この機能を利用して、社外のお客様に対して各業務に対する連絡先を公開できるのです。例えば、次のような項目を登録しておくことができます。

  • 担当業務
  • 部署
  • 氏名
  • 電話番号
  • メールアドレス など

 特に、担当業務などは名刺には載せない情報です。さらに、それらの情報を検索する機能を装備していますので、質問したい内容によってキーワード検索して、窓口を探すことができます。例えば、キャンペーンの申し込みで、専用の申込用紙への記入方法について質問があるとします。このとき、キャンペーンの名称や申し込みのフォーム名からキーワード検索して、窓口の担当を探し出すことができると便利ではないでしょうか。

 今回は、企業間ウェアの便利機能の1つである、業務の提携先に対して担当者情報を公開する、という使い方について紹介しました。



リンコム ネクスト・総合情報ポータル
Copyright © 2002-2013 LINKcom corporation. All rights reserved.
グループウェアならリンコム ネクスト