NEXT IMAGE
ユーザー:匿名希望 さん      総合情報ポータルログイン 総合情報ポータルとは?  
リンコム通信(公開メッセージ)  > メッセージ詳細表示 
公開メッセージ
[ 閉じる ]

前へ前へ      次へ 次へ
『企業間ウェア』というアイデアの誕生
カテゴリー:企業間ウェア  登録者:リンコム営業  登録日時:2011/08/08 15:58 表示期限:無期限  
『企業間ウェア』というアイデアの誕生

text by 野村剛志(取締役リンコムネクスト事業部長)

前回、前々回と企業間における情報共有の現状と問題点について記しました。
ちょっと振り返ってみますとメールシステムでは、

  • 情報が隠蔽(いんぺい)されてしまうという問題
  • 業務が個人対個人になってしまうという問題
  • 誤送信、添付ファイル暗号化などのシステム的な問題

メール以外にも、

  • 郵送、FAX、宅配などのコスト的問題
  • システム化されていないことによる業務の煩雑性

といった問題がありました。

これらの問題点は、企業が成長すればするほど深刻になってきます。
言いかえると企業が成長し取引先企業が増えると問題が顕在化されてきます。
しかも、取引先企業との情報となると非常に重要な情報を扱っているためビジネス的な観点でも大きな問題であります。

では、これらの問題に企業はどの様な対策を打っていけばよいか?

我々が導き出した解決策とは、企業内の情報共有システムとして非常に多くの企業で利用されているグループウェアの仕組みを企業間で利用できるようにするというアイデアです。
以前にも記しましたが、この仕組みをリンコムでは『企業間ウェア』と読んでいます。

リンコムでは10年以上前からグループウェアパッケージ「リンコム ネクスト(以下、ネクスト)」を開発販売してきましたが、お客様の中に数多くの販売代理店とネクストを使い企業間情報共有をおこなっている企業がありました。

そうです既に企業間においてメールや郵送、FAX、宅配ではない新しい情報共有の仕組み『企業間ウェア』を構築されていたのです。

その企業はメーカーなのですが、自社製品を販売している販売代理店に対する営業支援という目的で、販促資料やキャンペーンの通達、販売代理店からのノベルティ請求などを行う企業間ウェアシステムを構築していました。

伺ってみますと情報の共有化はもちろんのこと、販売代理店とのFAX費用が非常に下がったという期待以上の効果がでているそうです。

では、次回以降、実際に企業間ウェアを導入されている企業様の事例を詳細に見ていきたいと思います。



リンコム ネクスト・総合情報ポータル
Copyright © 2002-2011 LINKcom corporation. All rights reserved.
グループウェアならリンコム ネクスト