NEXT IMAGE
ユーザー:匿名希望 さん      総合情報ポータルログイン 総合情報ポータルとは?  
リンコム通信(公開メッセージ)  > メッセージ詳細表示 
公開メッセージ
[ 閉じる ]

前へ前へ     次へ 次へ
リンコム ネクストでポータルを構築
カテゴリー:企業間ウェア  登録者:リンコム営業  登録日時:2015/09/01 08:58 表示期限:無期限  
リンコム ネクストでポータルを構築

text by 伊良波朝賞

今回のリンコム通信はポータル画面をテーマにしたいと思います。リンコム ネクストの4.0以前のバージョンでは、ポータル画面はデスクトップ管理者が設定しました。そして、タブの数は3つに制限されていました。

リンコム ネクスト5.0以降のバージョンでは、ポータルの考え方が大きく変わりました。作成できるタブの数に制限はなく、ポータル画面をいくつも作成できるようになったのです。

ところが、デスクトップ管理者が全ての設定を行うのはかなり大変な作業です。そこで、グループ管理者が画面の設定ができるようになりました。所属しているグループごとに「ポータル」を持てるようになったのです。

さらに、表示するポータルはアクセス制御できますので、ログインしたユーザーは自分に関係があるポータルだけが表示されます。

日常の業務では、1人のユーザーが複数のグループに所属することは決して珍しくありません。そして、各グループで必要となる情報も違えば、利用しているアプリケーションも異なります。所属するグループごとに情報が整理されることで、利用者は自分が必要な情報にスムーズにアクセスすることがでるようになりました。

新しいポータルをさらに便利にする機能があります。それが、マイツールアプリ作成の新機能です。マーツールアプリ作成とは、ポータルに他のWebページを簡単に表示できる機能です。そして、ポータルの機能アップと合わせて、「シングルサインオンIFlame表示」「シングルサインオンコメント間コンテンツ表示」「画像とテキスト表示」などのマールツールの種類を増やせるようになりました。これによって、他システムとの連携がより容易になったのです。

また、このマイツールアプリ作成のマイーツール(ポートレット)を複数作ることができる「アプリケーションコピー」機能は今も健在なリンコムネクストのユニークな機能です。この機能によって、他システムや他のWebページの情報を1つのポータル画面に複数のポートレットとして表示することができます。

これらの「新ポータル画面」「マイツールアプリ作成」「アプリケーションコピー」機能によって、より、柔軟で情報を整理しやすくなったポータルを構築できるようになりました。今回はポータル画面の構築についてお届けしました。



リンコム ネクスト・総合情報ポータル
Copyright © 2002-2013 LINKcom corporation. All rights reserved.
グループウェアならリンコム ネクスト