NEXT IMAGE
ユーザー:匿名希望 さん      総合情報ポータルログイン 総合情報ポータルとは?  
リンコム通信(公開メッセージ)  > メッセージ詳細表示 
公開メッセージ
[ 閉じる ]

前へ前へ     次へ 次へ
スケジューラのカスタマイズ
カテゴリー:企業間ウェア  登録者:リンコム営業  登録日時:2015/10/01 08:58 表示期限:無期限  
スケジューラのカスタマイズ

text by 伊良波朝賞

今回のリンコム通信ではスケジューラの活用について考えてみたいと思います。スケジューラは個々人の予定を入力するだけではなく、企業内での活用においては、個人の予定を他の人に公開する、あるいは、他の人と同じ予定を共有するといった利用が考えられます。グループウェアではとてもポピュラーな機能です。そして、スケジューラでは社長や役員のスケジュールは機密性が高い情報が含まれることが多いため、オープンにしたくないというご要望を聞くことが多いのです。

リンコム ネクストのユニークな特徴のひとつにアプリケーションコピー機能があります。他のグループウェアには見られない特徴です。アプリケーションコピー機能では、スケジューラなどの機能をコピーして全く別の機能として持つことができます。例えば、スケジューラを「社長・役員スケジューラ」「全社スケジューラ」「関連会社A社向け専用スケジューラ」といったように個別の「場」として持つことができます。しかも、追加のライセンス費用はかかりません。利用次第では非常に便利な機能ですが、ときには個別の場を持つことがかえって不便になるケースがあります。

スケジューラをアプリケーションコピー機能すればいろいろと利用できそうなのですが、実は問題があるのです。役員の中には、他のグループと役職をして兼務していて、そのグループでは役員が自分の予定と一緒に、他のメンバーの予定も一緒に見たい、という要望が考えられます。しかし、アプリケーションコピーして作成した機能は、全く異なる「場」となります。そのため、例えば、「社長・役員スケジュール」で登録した自分の予定は「全社スケジューラ」には反映されず、このままでは登録したはずの自分の予定を参照できないのです。つまり、この方法ではそれぞれのコピーしたスケジューラで、予定を2重に登録する必要があるのです。

この問題を解決するため、スケジューラをカスタマイズした事例があります。リンコム ネクストはこのような場面でも柔軟に対応できるように、プログラムレベルでカスタマイズできるような製品となっています。今回のスケジューラの事例では、「社長・役員グループ」で登録した予定は、参照するための制限を設けるカスタマイズを施した例があります。「社長・役員グループ」に所属するユーザーは、もちろん自分が登録した予定は参照できますが、他のグループに所属するユーザーはその予定を参照できないのです。つまり、いくつも場を設けるのではなく、1つのスケジューラで対応できるようにしたのです。このカスタマイズによって、他のユーザーへの公開がはばかれる情報を守りつつ、2重登録しなくてもすむように機能改良を実現できたのです。

このカスタマイズの事例以外にも、スケジューラのカスタマイズの事例として、他のグループには予定を公開しないように制限をかける、など、企業の独自のニーズに合わせたカスタマイズを行った例があります。

このように、リンコム ネクストはビジネスニーズの細かな点にも対応できる特徴を持っています。今回はスケジューラのカスタマイズ事例についてお届けしました。何かお困りのことや、実現したい課題などございましたら、ぜひいちどご相談ください。



リンコム ネクスト・総合情報ポータル
Copyright © 2002-2013 LINKcom corporation. All rights reserved.
グループウェアならリンコム ネクスト