NEXT IMAGE
ユーザー:匿名希望 さん      総合情報ポータルログイン 総合情報ポータルとは?  
リンコム通信(公開メッセージ)  > メッセージ詳細表示 
公開メッセージ
[ 閉じる ]

前へ前へ     次へ 次へ
スケジューラのカスタマイズ事例
カテゴリー:企業間ウェア  登録者:リンコム営業  登録日時:2017/06/05 08:58 表示期限:無期限  
スケジューラのカスタマイズ事例

text by 伊良波朝賞

今回はスケジューラのカスタマイズ事例について紹介したいと思います。スケジューラは最も利用されることが多いアプリケーションのひとつです。それは、日々の予定をこと細かく管理するため、業務に直結することが多いからだと考えられます。特に営業員が訪問先をスケジューラで管理する場合や、会議や打合せが多い人だと、スケジューラがないと仕事にならないという人もいるのではないでしょうか。

会議の場合は、複数メンバーの調整が大変です。そのため、リンコムネクストのスケジューラには「出席依頼」という機能があるほどです。しかし、出席依頼機能ではカバーできないことがあります。それは、他の人が自分のスケジュールに予定を登録するときで、自分だけに予定が登録される場合です。このときは会議のように複数人に対する出席依頼はできませんので、注意が必要です。

自分で登録した予定はどこかで記憶していることがほとんどではないでしょうか。ですので、ある程度自分の行動予定は把握していると思います。しかし、他人が登録した予定はスケジュールを見るまでは知りようがありません。予定が登録されていない時間であっても、実はそこに予定を入れられると都合が悪いことがあるかもしれません。それを防止するための機能をカスタマイズした事例を紹介します。

仕掛けは、他の人が登録した予定はいったん仮登録とするのです。そして、さらに予定に対して、「承認」「却下」機能をつけました。このカスタマイズによって、知らない間に予定が入っていて、後になって「ちゃんと予定に入れておきましたよ」「なんでひとこと言ってくれなかったの」といったようにもめることがなくなります。

また、予定が近づいてきても承認されていない場合は、気づいていないことが考えられますので、「予定を入れたおいたので確認してください」と促すことができます。

今回は、他人のスケジュールに予定を入れる場合のカスタマイズ事例を紹介しました。



リンコム ネクスト・総合情報ポータル
Copyright © 2002-2016 LINKcom corporation. All rights reserved.
グループウェアならリンコム ネクスト