NEXT IMAGE
ユーザー:匿名希望 さん      総合情報ポータルログイン 総合情報ポータルとは?  
リンコム通信(公開メッセージ)  > メッセージ詳細表示 
公開メッセージ
[ 閉じる ]

前へ前へ     次へ 次へ
ネクストワークフローの条件分岐のカスタマイズ
カテゴリー:企業間ウェア  登録者:リンコム営業  登録日時:2018/02/05 08:58 表示期限:無期限  
ネクストワークフローの条件分岐のカスタマイズ

text by 伊良波朝賞

リンコム ネクストにはオプション製品のワークフローがあります。そして、ワークフローは承認ルートの条件分岐機能を備えています。今回はワークフローの条件分岐のカスタマイズをお届けしたいと思います。

条件分岐の機能を利用すると、申請項目の「金額」や「メニュー」などの入力の内容によって承認ルートが変更されます。例えば、経費の申請などでは、金額によって決裁者が異なる場合があります。条件分岐では入力した金額で承認者のルートを変更することができるのです。また、ネクストワークフローでは制限として、申請時に申請内容で分岐するルートが決定されます。承認ルートの変更はそれ以降できません。つまり、申請時に承認ルートが決められるのです。申請後に承認者の入力内容によって、承認ルートを変更したいというニーズには対応できなかったため、申請時だけではなく、承認時にも入力内容によってルートを分岐させるというカスタマイズを実施したのです。

それでは、具体的に見ていきたいと思います。まず、ネクストワークフローでは、申請だけではなく、承認者も項目に入力できる、という設定が可能です。まず、分岐させたい項目でこの機能を有効にしておきます。そして、ネクストワークフローには様々な連携ができるように「外部Call」という機能があります。例えば、申請時や決裁時に申請内容を出力できる、といった機能です。この機能には、追記時にも連携できる機能があります。承認者が入力した時点で分岐させるカスタマイズでは、この2つの標準機能を活用したのです。

承認者が条件分岐対象の項目を追記して、承認した際にルートを変更します。承認ルートを分岐させて自分(承認者)の次から承認順を変更できるようにしたのです。このカスタマイズによって、条件分岐の幅が広がりました。詳細な内容までご紹介できないのが残念ですがいかがでしたでしょうか。業務に合わせたカスタマイズが可能なリンコム ネクストのオプション機能であるワークフローもまた柔軟なカスタマイズが可能なのです。



リンコム ネクスト・総合情報ポータル
Copyright © 2002-2018 LINKcom corporation. All rights reserved.
グループウェアならリンコム ネクスト