1. ホーム
  2. 採用情報(就職希望される方へ)

会社イメージ

就職希望される方へ

株式会社リンコム 代表取締役

こんにちは。就職や転職という人生の一大イベントを控えたみなさん、すべてをお伝えできないかもしれませんがリンコムについてお話させていただきます。ご興味が沸いたらご応募ください。

■何を大切にしている会社か?
真面目に社員の成長を考える会社です。仕事とは社内外の顧客に価値を提供すること。成長とは自分の提供価値を大きくするために自分を高めること。仕事を通じて社員が成長することがリンコムの存在する意味です。結果としてお客様から対価をいただき社員も会社も成長できます。会社は人生の多くの時間を費やす場所です。もちろんお金は大切ですがそのためだけに貴重な時間を使うのは間違っていると私は思います。このリンコムというフィールドを使っておもいっきり最高のプレーを見せてください。報酬はお客様の喜ぶ顔とチームメンバーと分かつ感動です。その先に物心ともに豊かな人生が待っているのです。
■どんな製品を作っているのか?
リンコムは企業の内外で利用する情報共有のためのシステムを開発販売しています。企業における情報共有はアメリカなどのIT先進国に比べてシステム化が遅れているのが現状です。このことが日本の成長を抑制している一つの要因であるとともに、日本が再度グローバルで活躍する上での重要な鍵となっています。経営者の世代交代も進みITに理解のある企業トップが増えつつあるなかで情報共有への投資も今後増えていくものと予想しています。リンコムは企業の情報共有を進めて日本を再度世界の舞台に乗せるためにこの分野で活動しています。
現在次の二つの製品を提供しています。
●店番長・・・店舗支援システム
小売業だったり、外食産業だったり、様々な店舗がありますね。多くの場合それぞれの店舗は本部からの指示に従って動きます。例えば、外食産業だったら、何月何日の何時からカツドンの価格を590円から490円に値下げするとかです。現在ほとんどのケースはファックスやメール、あるいは店のバックヤードに置いてあるパソコンを使ったシステムに頼っています。しかし、店舗の社員やバイトは接客で忙しいのでこのような既存のやり方では本部の指示を徹底できません。店番長はタブレット端末を使って現場で使いこなせる画期的なシステムなのです。
●リンコム ネクスト・・・企業間ウェア
企業と企業の間では様々な情報の共有が必要です。例えば、建築会社と施工会社の間では設計図面を共有したり、プロジェクトのスケジュールを共有したり、様々な問題に対して検討する場が必要だったりします。現在ほとんどのケースはメールなどのツールに頼っているため、個人対個人のやりとりになってしまい、他の社員との情報共有が難しいという問題が有ります。このような企業間における情報共有を効率よく行うためのソフトウェアです。
■どんな技術を使って作っているのか?
リンコム技術者として最大の楽しみは、自分のアイデアや技術力次第で二つの製品を進化させる事ができると言う点です。
それは1つのアプリケーションかもしれませんし、新たな製品が生まれるかもしれません。自分の努力と熱意で無限の可能性があります。
自分が提案した製品が世の中に発信され、お客様から喜びの言葉を頂けた時には、何にも代えがたい達成感と感動があります。
私たちと共に切磋琢磨して、リンコムというフィールドで活躍してみませんか。

ご応募お待ちしています。

代表取締役  藤原信二
毎月更新    藤原信二の今日の一言
スペース
会社情報
リンコムの会社概要です。
小冊子:リンコムウェイ
小冊子プレゼント